子宮頸がん予防ワクチン接種について


※子宮頸がん予防ワクチンについての相談窓口の電話番号が変わりました。
 関連リンクを参照してください。

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種について、積極的にはおすすめしていません。


  平成25年6月14日(金曜日)、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が開催され、子宮頸がん予防ワクチンの副反応報告について、専門家による分析・評価が行われました。

  この結果、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が、当該ワクチン接種後に特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかとなるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を積極的に勧奨しないよう、厚生労働省から勧告がありました。

  これをうけ本市では、接種の対象者及びその保護者への積極的な勧奨を差し控えることにしました。

  なお、対象者のうち、接種を希望する方については、これまでどおり定期接種として受けることができますが、ワクチン接種の効果や副反応などについて、十分理解していただいた上で接種してください。

  今後の情報については、随時更新します。

 


平成25年4月1日から、子宮頸がん予防ワクチンが定期の予防接種になりました。

対象者
   小学6年生から高校1年生の女子
 
接種回数
   3回(1回目から2回目までの接種間隔は、ワクチンによって1か月または2か月と異なります。3回目までの間隔は、ワクチンにかかわらず1回目から6か月後です。)
 
受け方
   希望する方は、ワクチンの有効性と安全性等を十分理解した上で、受ける際は事前にすこやか子育て課けん診係にお問い合わせください。

ワクチンは子宮頸がんのすべての原因ウイルスには対応できません。20歳を過ぎたら、定期的にがん検診を受診して予防対策をしましょう。